巻き爪の治療について

巻き爪とは、爪の両端の先端部が、大きく内側に湾曲した状態をいいます。
負担のかかりやすい足の親指の爪が巻き爪になることが多いのですが、その他の指の爪もなることがあります。

巻き爪は見た目が悪くなるだけではなく、進行すると肉の部分に曲がった爪がどんどん食い込んでいき、炎症を起こして次第に激しい痛みを引き起こすようになります(陥入爪)。 さらに、曲がった爪に巻き込まれた皮膚が化膿し、歩くことが困難になる場合もあります。

また、強い痛みから足をかばおうと、いつもとは違った歩き方をしてしまうために、足首や膝、腰にも負担がかかり、捻挫や膝痛、腰痛の原因になるケースもあります。

巻き爪の治療法

巻き爪(陥入爪)の治療法には「保存療法」、「手術療法」の2種類があります。

保存療法

保存療法には「アンカーテーピング」、「コットンパッキング」、「ガター法」、「ワイヤー矯正」があります。

アンカーテーピング 弾性絆創膏などを爪の辺縁の皮膚に固定し、もう一方を螺旋状に引っ張るように貼ります。テープの幅、長さ、方向は症例により適宜変更します。小児の手指にはとくに有効です。

コットンパッキング 軽度の巻き爪であれば、コットンパッキングを行います。
巻き爪を起こした爪の両端と、その下の皮膚の間に、コットン(綿)を小さく丸めて挿入します。 これだけでも、ある程度の痛みはやわらぎます。

ガター法炎症を伴った陥入爪の治療に最適です。陥入している爪に切れ込みを入れたチューブを挟み込むことで、爪が皮膚に食い込んで炎症を引き起こすのを防いでくれます。形成された肉芽も数週間で消失します。症状によっては麻酔を使用せず治療できるので大きな痛みもなく施術が受けられます。
また術後の痛みもほとんどなく、上手くいけばその日から痛みがとれます。

超弾性ワイヤー この矯正方法には形状記憶合金のワイヤーを用います。 爪の先の両端に穴を開けた後、形状記憶合金のワイヤー(超弾性ワイヤー)を通すだけという簡単な方法です。 ワイヤーの装着自体は数分で完了します。
ワイヤーを装着した時点からほぼ無痛で、装着した当日から入浴も出来ます。その他の日常生活上の制限もほとんどありません。 ただし、少しずつ矯正を進めていく治療法ですので、4~6週ごとにワイヤーを入れ替える必要があります。
また、爪の変形の度合いによっては、完治するまでに3~8ヶ月程度かかるケースがあります。 この矯正方法なら、ほとんどの巻き爪に対応出来ますが、深爪をした直後はワイヤーを挿入するスペースがなくなってしまうため、いったんコットンパッキングやガター法などで爪が伸びるのを待ってから行います。

※ワイヤー法は保険適応ではなく自費となります。
1本 5000円(税別)

手術療法(フェノール法)

上記のような保存療法で改善しない場合は、手術療法を行います。変形した爪が生えてくる爪母(爪が作られるところ)をなくしてしまえば、変形した爪は生えてこないという考え方に基づいて行われる治療法です。 巻き込んだ爪のみを切除し、爪母にフェノールを染み込ませた綿棒をあて腐食させます。

症状により適切な治療法を選択しますので、巻き爪でお困りの方はご相談ください。

クリニック概要

日暮里・舎人ライナー、都電荒川線 熊野前駅 徒歩1分 医療法人社団 躍心会くまのまえ皮フ科

所在地
〒116-0012
東京都荒川区東尾久5-13-20 ビューノ東尾久1F
電話
03-6807-9190
診療科目
一般皮膚科・小児皮膚科・美容皮膚科
アレルギー科・形成外科
診療時間
日祝
9:00~12:00 -
14:00~18:00 - -

☆火曜午後は15:00~18:00の診療となります。
▲第三土曜は9:00~12:00までの診療となり、担当医は代診となります。
土曜は9:00~13:00の診療となります。
木曜は9:00~12:00の診療、午後は予約制(★:形成外科)となります。
※木曜午前中は、
高田皮膚科クリニック 高田院長診察(手術も対応)

休診日:土曜午後・日曜・祝日

ACCESSMAP