一般皮膚科について

皮膚は人体で最大の臓器であり、皮膚にはさまざまな病気があります。
原因は加齢によるものなども含め、極めて多様です。
簡単に治るものもありますが、根気よく気長につき合っていく必要のあるものも少なくありません。

適切なスキンケアと内服・外用療法などを行うことによって、より良い状態を保ち、慢性的なお肌の病気と上手につき合っていくお手伝いをいたします。

思わぬ内科的疾患が見つかることもある

「皮膚は内臓を映す鏡」という言葉を耳にされたこともあるかと思います。 内臓をはじめとする体内の状態や血行の調子、ホルモンバランス、ストレスの有無などが複雑に絡み合って、お肌の症状として現れて来ることも少なくないのです。
小さな皮膚疾患を検査しているうちに思わぬ内科的疾患が見つかるケースもありますので、皮膚の異常が見られたら、早めにご相談ください。

以下に、よく見られる皮膚疾患について、ご説明いたします。

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は、繰り返す慢性の湿疹と皮膚の乾燥が特徴的な疾患です。
アトピー素因といわれる体質的なものの他に、ホコリやダニなどの環境因子や精神的ストレスが複合的に関与して生じます。
痒みが強く、掻くことで悪化し悪循環を招きますので、治療によって痒みを抑える必要があります。

当院では、必要に応じて血液検査などをしたうえで内服・外用療法、免疫抑制剤、保湿剤等で加療します。

湿疹

皮膚科を受診される患者様に最も多く見られる疾患です。
ブツブツや小さな水疱、赤みなどが現れ、痒みをともないます。
原因は普段なにげなく触れているもの(石鹸・洗剤・化粧品・植物)や身に着けている金属(時計、指輪、ネックレス)などさまざまです。湿疹・かぶれは痒みをともなうため、ついつい掻いてしまいがちです。掻くことにより症状が悪くなり、さらに痒くなるという悪化のサイクルに陥ることが少なくありません。
痒みや炎症を抑える薬を上手に使って、こうしたサイクルを抑える必要があります。

当院では、これらの原因をパッチテストなどにより詳しく調べ、症状にあわせた適切な治療を行います。

じんましん

わずかに隆起したミミズ腫れが突然出現し、痒みを伴います。通常は数十分でおさまり、長くても24時間以内に消えますが、繰り返すこともあります。
1ヶ月以内に治る急性蕁麻疹と、それ以上続く慢性蕁麻疹に分類されます。

原因は、食べ物、薬剤、精神的ストレス、発汗、日光、寒冷刺激などさまざまですが、原因が特定出来ないことも少なくありません。当院では、アレルギー検査を行い症状にあった治療を行います。

水虫

水虫は、白癬菌(はくせんきん)というカビの一種が皮膚に入り込んで発症する疾患です。
足白癬は趾間型、小水疱型、角質増殖型に分類されます。
趾間型は、足指の間の皮膚が白くふやけ、痒みを伴うこともあります。
小水疱型は、土踏まずや足の縁などに小水疱が多発します。
角質増殖型は、足の裏から縁にかけての広範囲で皮膚が厚くなりひび割れ等を起こしやすくなります。
爪に生じたものは爪白癬といい外用療法で完治しない場合には、内服療法を行います。
その他、陰部、手、顔面に白癬菌が感染する場合もあり顕微鏡検査による診断が重要となります。

イボ

イボはヒトパピローマウイルスの感染によって発症します。いじることで増える可能性もあるため、イボを見つけたら数が少ないうちに皮膚科医に相談しましょう。
治療には、液体窒素療法などがあります。
多くの場合一回の治療で治すことは難しく、何回か繰り返して治療します。

たこ・魚の目

たこや魚の目は、足の特定の場所に継続的に圧力がかかって発症します。
たこは皮膚の表面の角質が部分的に肥厚したもので、痛みはありません。
魚の目は肥厚した部分にさらに圧がかかって硬くなり、芯をもっているため、歩くたびに刺激されて痛みが走ります。

また、足の裏には足底疣贅(そくていゆうぜい)というイボが出来ることがあり、これを魚の目と勘違いすることがあります。
この鑑別をきちんとつけるためにも、皮膚科専門医への受診をお勧めします。

ヘルペス

単純ヘルペスウイルスの感染で起き、主に口唇に出来る1型と外陰部などにできる2型の2種類があり、初感染では高熱と激痛を伴うこともあります。
治療は、抗ウイルス剤の内服または外用を行います。
発疹の出る前にチクチクする感じなどの予兆の出ることが多く、その時点で内服を始めると治りが早まります。
しかし、単純ヘルペスウイルスは神経節に入って潜伏するため、薬で完全に除去することは出来ません。
寝不足、疲労、風邪などによって免疫力が下がると増殖して再発しがちです。

脂漏性皮膚炎

脂腺の多いところに生じる湿疹で、頭部や顔、胸背部などに出来やすいのが特徴です。
新生児や乳児に多く見られますが、大きくなるにつれて自然に出来なくなって来ます。
中高年でも発症し、頭、顔、耳にフケがしつこく出て、痒みもあり、非常に治りが悪い皮膚炎の一つです。根気よく治療することが大事です。

原因として、マラセチアという皮膚に常在しているカビの一種が関与することがあります。清潔にし、ステロイド軟膏とマラセチアに効く抗真菌剤で加療します。

帯状疱疹

水痘(みずぼうそう)に罹患後、潜伏感染していた水痘・帯状疱疹ウイルスの再活性化により生じます。片側の一定の神経支配領域に痛みをともなった小水疱が帯状に出来ます。
顔に出来ると顔面神経麻痺、内耳の障害によるめまい・耳鳴り、目の合併症などが起こることがあります。帯状疱疹が治った後も、痛みが続くことがあり(帯状疱疹後神経痛)、早期治療により痛みは残りにくくなりますので、帯状疱疹が疑われた場合には早期受診をお願いします。

クリニック概要

日暮里・舎人ライナー、都電荒川線 熊野前駅 徒歩1分 医療法人社団 躍心会くまのまえ皮フ科

所在地
〒116-0012
東京都荒川区東尾久5-13-20 ビューノ東尾久1F
電話
03-6807-9190
診療科目
一般皮膚科・小児皮膚科・美容皮膚科
アレルギー科・形成外科
診療時間
日祝
9:00~12:00 -
14:00~18:00 - -

☆火曜午後は15:00~18:00の診療となります。
▲第三土曜は9:00~12:00までの診療となり、担当医は代診となります。
土曜は9:00~13:00の診療となります。
木曜は9:00~12:00の診療、午後は予約制(★:形成外科)となります。
※木曜午前中は、
高田皮膚科クリニック 高田院長診察(手術も対応)

休診日:土曜午後・日曜・祝日

ACCESSMAP